Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2015 >>
Category
本ができました。
  • 2015.03.06 Friday
  • -
  • 15:50
  • -
  • -
  •  
 当院にて長らく執筆していました本「精神科・身体合併症のリハビリテーション」ができあがりました。

 精神疾患をもつ患者さまにも等しく、良い医療を提供したい、そういった当院の精神・経験が、より多くの患者様のもとに届くように今後も頑張っていきたいと思います。

 もし、ご興味のある方がいれば、手に取っていただければ幸いです。


ホームページがリニューアルオープンしました!
  • 2015.03.04 Wednesday
  • -
  • 18:10
  • -
  • -
  •  
大変更新が遅れてしまいましたが、本年2月よりホームページがリニューアルオープンしました。

新しいホームページの特徴

〜迎バスの遅延・欠便や積雪状況などの最新情報をトップページにて配信!
▲好沺璽肇侫ンでの閲覧が可能に!
その他、お役立ち情報を随時更新を検討中!

今後とも何卒よろしくお願い致します。

夏とカブトムシ
当院のある八王子市美山町は自然が豊富で、夏にはカブトムシやクワガタムシを見ることが出来ます。
カブトムシは大変人気があり、「昆虫の王様」と呼ばれることもあるそうです。



カブトムシといえばオスの頭部にある大きな角が特徴的ですね。
カブトムシは樹木の上などで餌場やメスを奪い合う闘争のときにこの角を利用し、テコの要領で相手を投げ飛ばすそうです。



このとき、日本のカブトムシは執拗に追いかけたり相手を殺したりはしないようですが、狭い飼育ケース内でオス同士が格闘した場合は、胸部と腹部の間に角を入れて相手を切断してしまう場合があるそうです。
複数のカブトムシを同時に飼育する場合には注意が必要ですね。





二十年ほど前はこの美山町でも夏になると天然の蛍を見ることが出来ました。
現在では残念ながら蛍を見ることは出来ませんが、カブトムシが生息できるような環境が、今後も維持できたらいいと思います。

造形教室作品展のご案内

第19回“癒し”としての自己表現展


当院の〈造形教室〉に通うメンバーが自主的に準備や展示、運営を行い毎年開催してきた「“癒し”としての自己表現展」のご案内をさせて頂きます。19回目となる今回は、これまでの八王子市中央図書館から、八王子市芸術文化会館「いちょうホール」へ会場を移しての開催になります。

--------------------------------------------------------------
『第19回“癒し”としての自己表現展』のご案内

会期:11月14日(水)〜18日(日)
時間:10時〜18時(最終日は16時まで)
会場:八王子市芸術文化会館「いちょうホール
   (JR八王子駅から徒歩13分)
   〒192−0066 八王子市本町24番1号
電話:042−621−3001
主催:平川病院

※最終日の11月18日(日)の13時から、作者が自作の前で語る〈ギャラリートーク〉を予定しております。「生きる」とは何か…、「病む」とは何か…、「表現」とは何か…、今回もアートを通した交感、交流の「場」となることを楽しみにしております。
--------------------------------------------------------------


今回は、この一年間に〈造形教室〉で生み出された作品群の展示の他に、1992年の第1回展から現在に至るまで、地元・八王子市で毎年継続して開催してきた「“癒し”としての自己表現展の歩み」を写真や資料などを交え展示、紹介します。

“街の中で作品展を”という意図のもとに始まった「“癒し”としての自己表現展」は、病者や障害を持つものへの理解や同情といった多数者の立場を超え、それぞれが自分自身の生き方を見つめ直す、かけがえのない機会を提示、発信し続けて来たように思います。受苦としての“パッション”から生み出され、自らを癒し支える自己表現の活動は、困難な現代社会で生きる人々にとって通底・共同する問題を逆照射しているとはいえないでしょうか。

皆様のお越しをお待ちしております。

実りの秋がやってきました!
9月も終わりに近づいてきましたが、まだまだ残暑の厳しい日が続いています。
涼しくなる秋が待ち遠しくなりますが、そんな平川病院にも秋の気配が訪れました。

栗です。
くり3
まだ青々としたイガグリもありますが、しっかり実って割れているものもあります。
くり2
秋は山の味覚が多く楽しめる季節ですが、栗はその代表ですね。

栗はブナ科クリ族の木の一種で、5月から6月に開花します。
栗の花の香りは独特なので、苦手な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
9月から10月に実が成熟すると自然と実の周りの硬い部分(殻斗”かくと”と呼ぶそうです。ちなみに”いが”は”とげ”という意味のようです)が割れて1〜3個の実が現れます。

栗の樹は硬く耐久性が高いため、木材として使用されることも多いようです。
また、”栗”の字が「西」と「木」の組み合わせのように見えることから西方浄土になぞらえて
位牌などの仏具に使用されることもあるそうです。


栗にはいろいろな食べ方がありますね。皆さんはどういった食べ方がお好きでしょうか?
栗ご飯や渋皮煮なども美味しいですが、シンプルな茹で栗や焼き栗も美味しいですね。

茹で栗を美味しく作るコツは、

1、水に半日から一日つけておく
(事前に半日ほど天日に干しておくとなおGOOD!)
2、鍋に栗とひたひたの水と塩を入れ、沸騰したら弱火に変えて40分から50分煮る
3、すぐに取り出さず、しっかり冷ます
(しっかり冷ますことでアクが抜け、皮も剥きやすくなるそうです)

皆さんも旬の秋の味覚。たっぷり楽しんでくださいね。
くり1

deburin

Profile
Search
Mobile
Admin